2005年09月11日

女王の教室 第10話

6年3組のみんなは、親とも少しわかりあえてきたようで、
クラス全体がいい雰囲気になってます。

和美は、もしかして真矢は「いい先生」なのでは?と思い始めます。

が、真矢はますます厳しくなりますが・・・


好き嫌い言わずに給食は残さず食べなさい!とか。。

ま、当たり前のことなんですけどね。

そして、どうして勉強をしなくてはいけないのか?
と真矢はみんなに問いますが、みんなはただいい大学に入って
いい会社に就職して。。
との答え。

それで、幸せなの?と思ってくるようになります。

真矢って、最初のほうでいい大学に入っていい仕事に就くのが
勝ち組で、幸せなんだって言ってなかった?

今週も真矢の言ってることは、奥が深かったです。

教育委員会の人からは、やめさせるように言われるんですが、
校長は、ちょっと困惑。。

なんか、やっぱりあるんだろうな〜!

そして、真矢は教室で倒れるんです!!。。でつづくでした。


いじめをする人や暴力する人は、人の痛みを知らない人だって。
確かにそうです。
痛みがどんなのかわからない人には、反省は見えません。

他人のことをどれだけ考えて行動するか?なのでしょうか。。

真矢は、それを教えたいのかな。
posted by るな at 16:41| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

女王の教室 10話<1>
Excerpt: いよいよ大詰めですね。 来週の1回を残すのみとなりました。 今回、批判が多かったり、 スポンサーのクレジットも途中でなくなったり。 未だに自分のブログや日テレに ブツクサ批判されてる方もいる..
Weblog: Sweet&Bitter
Tracked: 2005-09-12 21:14

女王の教室・その3 自由な教育をさせない現実
Excerpt:  女王の教室では、管理職である教頭が阿久津先生の教育方針を力ずくでやめさせようとしています。たしかに阿久津先生の教育方針は独特で、反感を買うこともあるでしょうが、それとはまた別に、とても大きな原因があ..
Weblog: 中学教育委員会??徒然草??
Tracked: 2005-09-25 19:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。