2006年08月10日

メゾン・ド・ヒミコ

普段は日本の映画って、どんよりしていてテンポが悪いのであまり見ないのですが、、、
オダギリジョーが出てるみたいで、気になっていたのでレンタルで見ました。

ストーリーは、なかなか良かったのです。

父親は失踪し、母親は病気で他界して、借金があって、、、
ある日突然、男が現れ 老人ホームで働けと言われます。
そこには父親がいてるんですが、そのホームというのが同性愛者専用だったのです。

最初は毛嫌いするのですが、徐々に打ち解けてきて・・・というお話です。


映像もよかったんですけどね〜〜〜。。。
リビングで見てたので、台詞がききづらくて(^^;
なんか、みんなボソボソとしゃべるんです。。ものすごく集中して聞いてないとだめなんで、
リビングでなんとなく見るのはだめですね。

台詞が聞こえなかったので、感情もあまりわからなかったし。。

日本映画って、こういうのが多いなーと思う。

柴崎コウのしゃべりは、聞き取れましたが。。(私が難聴なの??)

オダギリジョーは、カッコイイので一見の価値はあります。


メゾン・ド・ヒミコ 通常版メゾン・ド・ヒミコ 通常版
久保田修 小川真司 Osamu Kubota

角川エンタテインメント 2006-03-03
売り上げランキング : 57876
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by るな at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりーす。
オダギリジョー。いまやってる『ゆれる』って映画はかなりオススメです。

メゾン・ド・ヒミコは、私はいまいちだったんですが、ほんと、ボソボソってしゃべってたかもしれなーい。
ダンスシーンがよかったなぁ。
Posted by みっぽん at 2006年08月14日 03:12
☆みっぽん♪
おひさしぶり〜♪
「ゆれる」オススメなのね。DVDになったら見てみようかな(^^)
メゾン・・ もっとよく聴こえてたら感動だったのかなと。。
ダンスシーンって、あのおかまバーのようなところで踊るシーン?
あそこで、ホームの人が元同僚にばかにされているのを
柴崎コウが、あやまれ!っていうところでちょっと感動がきました。
Posted by るな at 2006年08月15日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。